韓国

〈実体験〉韓国の結婚式!ご祝儀は?服装はドレス?ご飯は?時間は?

※本ページは広告が含まれています。

韓国人の友達の結婚式に招待されたんだけど、ご祝儀は?服装はどうなんだろう?日本と同じ感じで行っても問題ないのかなー?実際に韓国の結婚式に行った人の話をききたいなー。

この記事ではそんな疑問に答えます!

本記事の内容

・韓国結婚式の招待状

・韓国結婚式の服装

・韓国結婚式のご祝儀!相場は?

・韓国結婚式の特徴とマナー

・韓国結婚式の食事

・韓国結婚式についてのよくある質問

皆さんこんにちは!みゆきです!

韓国の友達から、結婚式に招待して貰いました!

国際結婚式は初めてだし、せっかくの素敵な機会なので行ってきました!

しかし、服装やご祝儀、式の時間など、実際のところわからない部分が多くて、日本人は私だけだったのでドキドキ・ワクワクしていました。                                                                                                                                                                                                                                               

今回は、実際に韓国の結婚式に参加した私が、式はどんな感じなのか、服装や食事等はどうだったのかについて詳しく説明していこうと思います!

それでは早速スタートです。

韓国結婚式の招待状

招待状はモバイルの招待状でした!一般的には、直接手渡しすることが多いみたいですが、今では、モバイル招待状(WEB招待状)も手軽で、浸透しているみたいです。

※私の場合は、日本に住んでいる関係もあり、手紙だと大変なので、モバイルだった可能性もあります。

また、韓国の結婚式は事前に出席、欠席について返事を出す習慣はなく、招待状に出席確認欄がありません。

来るかどうかは完全に相手次第で、当日までは分からないのが一般的です。そのため、式場の席は自由です。

招待状には、新郎新婦と両親の名前、開催日時、会場の場所や詳細の地図などの案内のみとシンプルです!

韓国結婚式の服装

セミフォーマルな服装で出席するのがGOODです!

日本の結婚式の場合、ドレスのようなフォーマルな服装で出席するのが一般的です。

しかし、韓国では、男女ともに日本よりカジュアルです!実際、ショートパンツを履いている人や、普段着(トレーナーにズボン、スニーカー)の人など、ラフな服装の人も多かったです。

私は色々調べ、ワンピースを持っていったのですが、普段着で来ている人もいて、これでも良かったのか、荷物重かったなーなんて思ったりしましたが、友達と素敵な写真を撮れたのでよかったです。

韓国では、招待客は結婚式の主役の付き添い的な存在になるのがマナーのため、過度な服装や露出が激しい服などは避け、日本のようなドレスアップはしません。新婦より美しく着飾ることはルール違反とされているからです。

その為、ラフな格好で参加する人もいますが、礼儀として無難にジャケットやワンピース・パンツスタイルなど、セミフォーマルな服装で出席すれば、間違いないと思います!

避けた方がいい服装!

白い服(新婦のウェディングドレスと被るため)。

※日本では黒の服装もあまりしないですが、韓国では黒いワンピースやジャケットを着ている女性が多かったです。

韓国の伝統衣装のチマチョゴリ(着るのは親族のみ)。

韓国結婚式のご祝儀!相場は?

ご祝儀の相場は、5万ウォンから10万ウォンです。

金額は、関係性によって変わりますが、最低5万ウォンと思っておいて下さい。

式場でのご祝儀の渡し方は、日本とは違います。受付近くに封筒や名前を書くペンが用意されているので、事前準備は不要です。

新郎側・新婦側それぞれの受付が用意されているので、招待をされた方の受付へ行って下さい。

そこで名前を書き、ご祝儀を渡します。そうしたら、結婚式後のビュッフェ会場に入れる「食券」が渡されます!

韓国結婚式の特徴とマナー

結婚式開始の30分前には式場に到着しましょう!

開始前の時間が、一緒に写真を撮れるチャンスです。

※新婦は結婚式が終わるとすぐ伝統的な婚礼儀式に着替えてしまうので、ウェディングドレス姿の新婦との写真撮影はこのタイミングでしか撮れません。

私も友達から30分前には絶対に来るように言われていました!この時間に素敵な写真が撮れます。

結婚式の時間は短く、30分から1時間程度で終了する場合が多いです。

座席は、両親や親族が前方に座り、それ以外は自由です。名前等が書いてあったりはしません。

そして、日本の結婚式のように、席に座ってコース料理を食べたり、お色直しをしたり、ケーキ入刀はありません。

また、ブーケトスもありますが、受け取る人が事前に決められていて、 皆が見守る中その人が受け取るというスタイルです。

私が参加した際の結婚式の流れです。

①新郎新婦入場 

②誓いの言葉

③両親挨拶

④友人の言葉

⑤祝歌・余興(歌、ダンスなど)

⑥バージンロード行進

⑦写真撮影(家族、親族、友人の順番)

⑧食事(自由解散)

日本と比べ、式内容はあっさりしています。また、自由解散のため、必ず食事を食べないといけないというルールもありません。

日本は、式終了後に引き出物をもらいますが、韓国は引き出物を贈る習慣はありません。

韓国結婚式の食事

食事はブッフェ形式です!豪華な内容の食事でした!

韓国に行ったらどこでも出てくるキムチに、海苔巻き!

サーモンにマグロにタコなどのお刺身もありました。

寿司にステーキに揚げ物!エビフライが美味しかったです。

韓国のパンケーキにクリーム煮や肉!

甘いケーキ系のデサートにフルーツ、韓国らしいお餅もあり、アイスまで!

種類豊富で、韓国料理がたくさん食べられて、とても美味しく大満足でした!

食事中には、新郎・新婦が各テーブルを回りに来るので、改めてお祝いしたり、写真が撮れます。

韓国の結婚式は日本に比べて、あっさりしています。出欠席も自由で、ご祝儀を入れる封筒を用意しなくてもよく、服装はセミフォーマルでいけば問題なしです!食事はブッフェで自由解散なので、気軽に参加できます!

韓国結婚式ついてのよくある質問

Q 日本と韓国の結婚式は何が違いますか?

A 韓国の一般的な結婚式は、 披露宴はなく、食事はビュッフェスタイルです。 そのため、結婚式の時間は日本よりも短く1時間程度で終わります。 席順も決まっていないため、自由に食事を楽しみ食べた人から退席、帰宅します。

Q 韓国の結婚式の特徴は何ですか?

A 日本に比べ、比較的カジュアルで、披露宴は無く、結婚式・幣帛(ペベク)・ビュッフェスタイルのパーティーという流れです。

Q 韓国の結婚式には誰でも参加できますか?

A 誰でも参加が出来ます。 招待された人は当然参加出来ますが、招待されていない人も、受付に行くと食券が貰えて、それで中に入る事が出来ます。

Q 韓国での結婚式のご祝儀の相場はいくらですか?

A ご祝儀の相場は、5万ウォン、7万ウォン、10万ウォンです。 昔はそんなに親しい関係でなければ、3万ウォンを包みましたが、結婚式は食事代だけで3万ウォンから4万ウォンかかるので、基本的に5万ウォン包みます。

Q 韓国の結婚式の服装は?

A 日本よりもカジュアルです。 男性はジャケットスタイルやスーツ、女性はワンピースやセットアップなど、綺麗めな服装を選んでおけば間違ありません。

以上、韓国の結婚式についてです!日本よりカジュアルなパーティーのため、日本での感覚で行けば大丈夫です!行こうか迷っているのであれば、ぜひ参加して下さい!

[ad03]

-韓国